広告代理店への不満がある院長様へ

これは集患のオンライン化が

上手くいっていない院長様にぜひ聞いて欲しい実話です。

歯科医院を経営している後藤さんは、

コロナの影響を受けない売上をたてようと、

昨年から集患の一部をオンライン化していました。

そんな中、こんな情勢ではますます

オンライン集患が中心になっていくと感じ、

集患から売上までの導線を構築することに力を入れる決心をしました。

例えば、
オンライン集客について片っ端から学び、

ブログの執筆、

写真やつぶやきの投稿、

フォロワーを増やす施策等、

コツコツと情報発信を続けていました。

時間をかけただけあって、フォロワー数やいいねも増え、ブログのPVも少しずつ上ってきていました。

手応えを感じた後藤さんは、

試しに歯科矯正の集患をすることにしたのです。

ところが、結果は悲惨なものでした。

来院してくれたのはたったひとり。
その人もカウンセリングの途中で帰宅してしまい、サービスの話すらできませんでした。

こんな状態でモチベーションを維持するのは至難の技です。

今、オンライン集患ができなかったらこの先の売上に影響がでるわかっていても、何から手をつければ良いのかわからなくなってしまいました。

「一体何が問題だったんだろう。サービス自体がオンラインビジネスには向いていないのではないかと思い始めていました。」

しかし、そんな後藤さんの状況は「あるセミナー」に参加したことをきっかけに一変します。

なぜ、オンライン集患の売上が上がらなかったのか、自分の課題がはっきり分かったのです。

そして、セミナーで教わった通りに課題解決にとりくんでみたところ・・・

すぐに売上が上がり、3ヶ月で売上が安定するようになったのです。

「教えていただいた通りにやっただけで、結果が全く変わったのでびっくりです。半年を待たずに売上が目標の2倍になりました!

★「あるセミナー」でいったい何を教わったのか?

オンラインビジネスの仕組みを作る前に、必ず押さえて置かなければならない必須事項ばかりでした。

例えば
・93%が成功している、オンラインビジネスを作る「3つのステップ」
・お客様に選ばれる企業になる方法
・最少の努力で競合に勝つ方法
等です。

そして、教わったとおりに「3つのステップ」を構築した結果、

・オンライン集患の自動化に成功
・競合に負けないポジションを獲得
・最小限の時間で安定した売上が上がる

という理想的な状態を構築することができました。

★後藤さんを変えた、オンラインビジネスを作る「3つのステップ」とは?

93%が成功している、大手企業をもV字回復させた「あるセミナー」が、今なら期間限定で開催しています。

無料集客動画プレゼントは

こちらからお申し込みください

 

友だち追加

 

広告代理店への不満 ワースト7

⭕️何やってるか?分からない

→レポートがない。レポートの意味が分からない

⭐️広告について教えます❗️

 

⭕️手数料20%の費用対効果?

→20%取られてます?

⭐️手数料いりません❗️

 

⭕️レスポンスが遅い

→金曜日に連絡して、連休明けの火曜日に受理対応

⭐️自社で即日対応可能

 

⭕️マーケティング知らないのでコンセプトのアドバイス弱い

→コンセプトや差別化戦略から考えた方が上手くいく

 

⭐️マーケティングエクセルシートで対応

 

⭕️顧客リストの収益化のアドバイスが無い

⭐️顧客教育と販売シナリオがあります

 

⭕️集客全般のアドバイスが無い

⭐️無料、有料なんでも出来ます

 

⭕️社内で広告出来る人材が育たない

⭐️人材育成のプログラムあります

 

これらを解決する方法があります。

60分ほどの無料説明会にご参加ください!

無料集客動画プレゼントはこちらからお申し込みください

 

友だち追加

広告代理店やコンサルタントを選ぶ時の

判断基準をご用意しました。

これ業界の闇を突いているので、こっそりご覧ください。

私や私の仲間はこれが出来ています。

 

広告代理店やコンサルを選ぶ基準

(写真は世界NO1マーケター ジェイ・エイブラハム氏

1.商談、相談時に話している人がそのままコンサルティングも担当してくれるか

会社の規模や実績などはあまり参考になりません。

成果が出るかどうかは、コンサルティングを担当する人の

レベルに依存するため、担当者の良し悪しで判断すべきです。

2.利益にフォーカスした話になっているか

ビジネスでは利益の絶対額を増やしていくことが最重要です。

問い合わせや資料請求、メールアドレス登録など

広告上での獲得単価がどうなるかという話だけではなく、

そこからどれぐらいの売上につながって、

いくらの利益になりそうかというような話まで、

提案があるのかを注視したほうが良いです。

3.広告戦略の提案内容

数字が明瞭でわかりやすく納得できるように

なっているものであれば、問題ありません。

利益の話にもなっているかは重要です。

あくまでシミュレーションであり、

実際はやってみないと分からない部分も多いため、

提案された数字自体の良し悪しというよりは、

戦略の説明に納得がいくかどうかで判断してください。

4.質問への受け答えの精度

疑問に思ったことを聞いていき、

その受け答えがその場で完結して分かりやすく

納得できるものかを注視してください。

ざっくり、

「うちのビジネスで広告やるならどんな戦略がいいですか?」

と聞いてみるのがいいです。

この質問に対して、

「LPはどんなページですか?、

「問い合わせからの商品成約率は何%ですか?」

「商品の原価はいくらで広告費は何%以内に抑えないと利益でないですか?」

など相手主導でヒアリングしてもらった結果、

②と③が満足いくものになっているかどうかを判断すると良いです。

5.性格が合いそうか

外注のように業務が完全に分かれているならまだしも、

先生と生徒のような関係になるので、

性格が合わないとどれだけ教えている内容が

良くても、うまくいかないことがあります。

 

6.サービスプラン内容

指導内容、サポート形式(ミーティング回数やチャット、メール)、

料金、最低契約期間など自社と合うかどうか

7.「この人に10万円払ったら、絶対20万円以上返ってくるな」

と思えるか?

が最終的な判断基準になると考えてください。

広告やSNS無料集客のご相談をLINEで無料で行っています。

気軽にご連絡ください。

広告コンサルタント

うなばらゆう

 

 

これらを解決する方法があります。

60分ほどの無料説明会にご参加ください!

無料集客動画プレゼントはこちらからお申し込みください

 

友だち追加

 

無料集客動画プレゼントはこちらからお申し込みください

 

友だち追加