相談する時相談される時の悲劇を起こさない方法と復縁について

fan

こんにちは うなばらです。

相談されることってありますよね

相談することもありますよね

困っているから相談する

困っている人を助けたいから相談にのる

日常生活の風景ですよね

ところが、この時に悲劇が起きている場合があります。

相談する側の言葉で、相手が傷ついてしまうことがあるのです。

これって実は沢山発生しています。

しかし、相談する方が立場が弱いので公になっていないだけなんです。

具体的に どんな言葉を付け加えると悲劇が起きにくいか?

について話しています。

 

  • <東京都20代男性Kさん>
  • 解決したい部分
  • 前の彼女に復縁を持ちかけた後に年上の友人に「情けない」と言われてショックだったこと。その時の自分を認めてあげたい。
  • 解決した部分
  • 当時の自分を認めることができ、今の自分から「大丈夫だよ」と励ますことで、ショックから立ち直れた。(気にしなくなった)
    • 相談は素人にすると危険
      • 家族
      • 友人
      • 経験値で解決するもの
      • 意識部分
      • 相手の価値観によるアドバイス
    • ショックを受けた言葉によるメンタルブロック
      • 傷つく
    • 相談する側
      • ショックを受ける可能性がある
        • ショックを受けない
        • 相手の価値観と自分の価値観は違い
        • 永遠にショックを受けないといけない
        • 相手を恨んでもどうしようもない
    • 相談受ける側
      • ショックを与える可能性
      • 意見は言うけど個人的なもので、決めるのはあなた
        • この一言!
    • 潜在意識レベルでの問題
      • コミュニケーション
      • 性格
      • 習慣化
    • 復縁
      • 復縁ノウハウがある
      • 感情を表面に出さないで定期的に連絡は続ける
      • 相手が嫌がった部分は改善する
      • 気心がしれているので安心感が相手にもある
      • 好きな部分は存在した

 

目の前に壁がある時ってどうしても気が滅入りますよね。

これなんとかしないとダメなんだけど、どうやって解決したらいいのかわからない。

僕は高校生の時にそれを感じました。

高校時代に何をやってもうまく行かなくて。

・勉強もつまらない。

・友達と遊んでててもしっくりしない。

・未来が見えない。

・部活の陸上部でも全国大会目指せるようなレベルでもない。

・女の子とちょっと付き合ったけど、好きになれず振られる。

・大学進学の価値がわからないし、イメージできない。

こんな感じで、見えない壁にぶつかっている感じでした。

そんな中、自分がどうしてもこだわりたいことを探し続けました。

僕が選んだのは医学部受験でした。

「お医者さんになるためなら、勉強する意味がある!」と思ったのです。

ここで大事なのは、ビションが作れたことです。

壁にぶつかっている時はビジョンが作れていないことが多いです。

これが超えるべき第一の壁です。

ビジョンが見えると少なくとも頭の中では壁を突破できています。

これが大事です。

ビジョンが出来たら、次は苦手意識と自信を管理します。

具体的にはこちらで詳しく書いています!

自分の限界を越えられる3つの壁の突破方法!

うなばらゆう 公式ラインにご登録いただけるとうなばらの書籍をプレゼントしています。

 うなばらゆう公式ライン

あなたも自分の人生に自信がモテて、未来に希望が湧いてくるうなばらの波乱万丈人生物語り

あなたも自分の人生に自信がモテて、未来に希望が湧いてくるうなばらの波乱万丈人生物語り